2018年09月11日

三団体合同学習会(2日目)

20180909_112436.jpg20180909_112432.jpg20180909_112420.jpg20180909_095222.jpg20180909_095237.jpg
9月9日(日)県立砺波青少年自然の家にて開かれた三団体合同学習会の2日目は手話の学習をしました。

富山県にちなんだ新しい手話を考えようと、日本手話研究所の研究員で県聴覚障害者協会の石倉理事長から、新しい手話の確定までの流れなどをお話していただきました。

その後、グループに分かれて、富山にちなんだ地名や固有名詞の手話を参加者で考えて発表しました。

指文字を取り入れたり、特徴を掴んで表現したりと、それぞれが工夫して考えた表現は面白いものがたくさんありました。

手話の魅力を再認識した参加者も多かったようです。
posted by 運営委員 at 08:05| Comment(0) | つぶやき
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: